住宅に関することを相談する

>

こちらの希望を理解してくれる

どんな住宅にしたいのか

いきなり工務店に依頼しないでください。
相性が悪かったら困るので、まずはスタッフと話し合いましょう。
こちらの希望を伝えて、理解してくれるでしょうか。
すぐに理解してくれるなら相性が良いので、これから住宅のことをさらに相談できます。
しかし何回説明しても、意図を理解できないスタッフもいます。

それは、相性が悪いことが原因なので諦めてください。
別の工務店やスタッフに相談すると、今度はしっかり希望が通じるかもしれません。
ここが重要な見極めポイントなので、適当に済まさないでください。
せっかく住宅を立てたり、リフォームしようと思ったのに工務店選びを失敗すると満足できない住宅になってしまいます。
希望を満たす、住宅を作りましょう。

まだ決まっていない場合

具体的に、どんな住宅にしないのかイメージが決まっていない人が見られます。その場合は工務店のスタッフに相談して、アドバイスをもらってください。
希望する条件や家族構成を伝えることで、ふさわしいデザインの住宅を考えてくれます。
スタッフは豊富な知識を持っているので、たくさんアドバイスをもらってください。

相性が悪いスタッフは、自分たちに必要のない機能を勧めてくることがあります。
言われたことを鵜呑みにするのではなく、本当に自分たちに必要なのか判断してください。
その上で、あれば便利だと思った機能は搭載しましょう。
すると、もっと生活が快適になると思います。
何度もやり直しができることではないので、よく話し合ってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る