あなたの風俗デビューをサポートする情報サイト

あなたにピッタリの風俗で働くスタイルと見つけ方

>

自分に合った風俗店で、安全に働こう!

風俗ってどんな仕事をするの?

風俗の仕事は一言でいうと「サービス業」です。
“性的なサービス”によって対価を得ることが、風俗の主な仕事内容といえます。

性交渉によってお金を得る売春と大きく違う点は、一般的に挿入行為があるか否かという点で、基本的に風俗では挿入行為や本番行為(≒性交渉)が禁止されています。
1985年に売春防止法が施行されたため、現在では売春行為は法律で禁止されているのです。そのため、本番行為が行われた場合、店舗やその従業員は逮捕・罰則の対象となります。

こうした背景から、風俗店では本番行為、つまりセックスをしてお金を得るようなサービスは提供していません。あくまで“性的なサービス”を提供し、その対価を得ることで運営されています。
求人サイトに掲載されている風俗店の多くは、風営法と呼ばれる法律に沿い、正式な手続きを経て営業を許可されています。

自分に合った業種を選ぼう!

一口に風俗といっても、その内容は様々です。
それぞれの特徴や適性によって、仕事を選ぶことが大切です。

業種を決める際に一番大きな要素は、自分がどこまでできるか、という点です。
仕事によって男性との接触のレベルが違うためです。

仕事内容にこだわりがなく、とにかくお金を稼ぎたいと思っているならば、ソープで働くのが良いでしょう。
ただし、「自由恋愛下での性交渉」という建前のもと、セックスがサービス内容に含まれており、前述した売春禁止法からはややグレーゾーンの仕事になっています。

挿入行為なしで性的サービスを提供するのが、ヘルスと呼ばれる業種です。
出張のあるデリバリーヘルスやホテルヘルス、備え付けのプレイルームでサービスを行うファッションヘルスなど、お店によって形態は様々です。
ヘルスは種類が幅広いため、自分の好みや特技に合わせて選ぶと良いでしょう。